松本茜、妄想と徘徊の記録。




気が抜けない散歩の話。
わりと隙だらけです。

松本です。

最近、散歩にでるたび
声をかけられます。

生協のお兄さんだったり
(子連れで買い物大変でしょー
宅配してますよー)

よくわからない女性だったり
(育児で悩んでませんかー
講習会やってまーす)

試食のおばちゃんだったり
(まーかわいいわねー)

試食のおばちゃんはまあ大丈夫ですけど。
こども連れてるってだけで
すごく果敢に声をかけてくるんですよ。
コミュ障としてはビビるよね。

逆に、というか。

スーパーとかで同じようないでたちの
親子に出会うと、
互いに無言で、チラッと観察し
(男の子?女の子?)
(同じくらいの月齢かしら)
(どこのベビーカーつこてんのかしら)
などということを
一瞬で判断してすれ違う、

という事態も頻発しているわけです。
どっちかっていうと、
こっちの場合の方が
気さくに声を掛け合えるようになると
なんか楽しいのになあ、

などと考えながら
ぶらぶら散歩する、昼下がり。

まもなく春ですねー。
(ぼんやり)
日常。 / comments(0) / -
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Photo by ミントBlue
Template by apple
Log in / RSS1.0 / Atom0.3